スーツの男性

不動産は厳選して選びましょう|安心できる購入術

単身者向け物件の売買動向

マンション

ワンルームマンションは安定した需要が期待できる事と、不動産投資の中では比較的投資金額が低いことから、現在最も人気の高い不動産投資商品となっています。ワンルームマンションへ投資を行う個人投資家が増加した事により、市場で売買される物件数も飛躍的に増加しており、ワンルームマンションの売却流動性は一昔前に比べると飛躍的に高くなっています。足もとのトレンドとしては、公共交通機関から距離の近い、利便性の高い物件が高値で売買されている傾向があります。他方、駅から遠くかつ生活利便性の低いエリアにあるワンルームマンションは売却に苦労するケースも多く見られています。こうした二極化の動きは今後も継続すると予想されています。

保有しているワンルームマンションを少しでも高値で売却するためのコツには、大きく3つあります。まず1つ目は、周辺で類似のマンションが売りに出ていないタイミングを見計らって売却する事です。同一エリアで多数の物件が売りに出ていると、どうしてもその物件間で競争が発生し、売却価格の引き下げ等を余儀なくされるケースが多いです。従って、周辺に類似の売り物件が出ていないタイミングで売却する事が大事なのです。2つ目のコツとしては、長期金利の低下局面で売りに出す事です。不動産の買い手は住宅ローンや不動産ローンを調達して不動産を購入するケースが多いので、金利低下局面だと売れやすいのです。最後のコツは、売りに出す前に内装の改修を最低限行い、良い状態で売りに出すという点です。